動物性と植物性は全然違う

動物性と植物性は全然違う[馬プラセンタなび]

動物性と植物性は全然違う

現在日本で販売されているプラセンタ製品の原料としては馬と豚が大半を占めますが、
最近は動物の胎盤を使用していない植物性のプラセンタ製品が販売されています。

 

しかし不思議に思いませんか?
胎盤を持たない植物がプラセンタだなんて。

 

しかしこれは表記上は問題ないのです。

 

プラセンタは英語表記でPLACENTAで、動物の胎盤だけでなく、植物の胎座という意味も持ち合わせています。ですから植物の胎座を原料とした製品をプラセンタと言っても何の問題もないというわけです。

 

しかし意味が同じだからといって動物性プラセンタと同じ効果があるのかといえば、その答えはNOです。それでは植物性プラセンタとは一体どのようなものなのかを説明していきながら、動物性プラセンタとの違いを紹介していきたいと思います。

 

植物性プラセンタとは?

 

植物性プラセンタは動物の胎盤に当たる胎座が原料とされています。

 

この胎座は植物の種を育てる場所で、多くの養分が集中しているので、動物、植物と違えど多くの栄養価を豊富に含んでいることに違いはないのです。

 

何で植物性プラセンタが開発されたのかについては、植物性ならば残留ホルモンや病原体による汚染がなく安心して使えるというメリットがあっただけでなく、動物だといっても胎盤という女性にとって軽々しいものではないものを口にするのは何か躊躇いがあるという人が少なくなく、その上、狂牛病をはじめとする家畜の疫病が取りざたされるようになって動物性プラセンタの使用に不安を持つ人が増えてきたということが背景になったようです。

 

植物性プラセンタの効果

 

倫理上の観点から言えば、家畜といえども胎盤を原料にするというのは確かに躊躇いがないわけではありませんよね。ですから植物性プラセンタが動物性プラセンタと同等の効果があるのならば言うことはないでしょう。

 

しかし、植物性プラセンタにはプラセンタ製品にとしては1番重要なものが欠けているのです。
それはプラセンタの有効成分として最も注目されている成長因子です。

 

確かに植物性プラセンタには、各種ビタミン群、ミネラル、アミノ酸など多くの栄養価が含まれているのですが、ターンオーバーを促進する成長因子が含まれていないので、栄養価の補給としての効果はありますがターンオーバーは全く期待できないのです。

 

プラセンタに注目が集まったのも成長因子の働きがあってこそですから、各器官細胞の若返りの促進効果がなければプラセンタの価値は半減してしまします。

 

この点から考えると、プラセンタ効果を期待するのならば、植物性プラセンタはやはり物足りないと言わざるを得ないでしょうね。