プラセンタの効果〜更年期障害の緩和

プラセンタの効果〜更年期障害の緩和[馬プラセンタなび]

プラセンタの効果〜更年期障害の緩和

今は美容効果に大きな効果があることで知られ、多くの美容サプリメントが販売されているプラセンタですが、元々日本では病気の治療薬として使用されたのが始まりでした。

 

今でも肝機能障害や更年期障害の治療薬として使用されており、
多くの患者がプラセンタを使用した治療を受けています。

 

それでは今回は女性にとっては避けることができず、多くの女性が悩まされている更年期障害にスポットを当てて、プラセンタがどのような効果を発揮して更年期障害を改善するのかを見ていきましょう。

 

更年期障害とは

 

それではプラセンタの効果を見ていく前に、更年期障害とはどういった症状なのかよく理解しておきましょう。更年期障害とは、加齢にによる卵巣機能の低下が原因で起こる症状です。卵巣機能が低下すると女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減少し、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

 

これによって自律神経にも乱れが生じてのぼせ・熱感、めまい・ふらつき、発汗、ドキドキ・息切れ・冷え性・食欲不振・多汗といった身体的症状をはじめとして、頭重・頭痛・入眠障害・浅眠・早朝覚醒・疲労感・倦怠感・不安感・緊張感・イライラ感・うつ気分などの精神症状が現れます。

 

これには個人差がるので、中にはこれらの症状を多発することによって症状が酷くなり、治療が必要になる女性も少なくないのです。

 

更年期障害に対するプラセンタの効果

 

更年期障害による身体症状や精神症状を総して不定愁訴と呼ぶのですが、プラセンタにはメルスモンという成分があり、加齢によって機能低下した卵巣機能を活性化する作用があります。

 

卵巣の活動が活性化することによって、減少していた女性ホルモンの分泌が正常に行われるようになり、更年期障害の原因となっていたホルモンバランスの乱れを整えると同時に、崩れた自律神経を整えて不定愁訴を改善することができます。

 

治療は病院がおススメ

 

更年期障害の症状にもよりますが、酷い場合は病院での治療がおススメです。

 

更年期障害を自覚したがそんなに症状は酷くないという人なら、まずはサプリメントなどのプラセンタ摂取から始めても構いませんが、酷い場合はメルスモンの効果が高いヒト型プラセンタでの治療が受けれる病院が一番です。

 

現在ヒト型プラセンタは医薬品以外での使用が認められていないので、市販のサプリメントで効果がない場合も、病院治療に切り替えたほうが良いでしょう。 

 

 

このように女性の更年期障害改善にはプラセンタがオススメなのですが、その症状によって市販のプラセンタで大丈夫か、病院に通院した方がいいかが変わってきますので、ご自分の症状をよく理解した上で更年期障害の対策に望むようにしてくださいね。