プラセンタの成長因子について

プラセンタの成長因子について[馬プラセンタなび]

プラセンタの成長因子について

プラセンタは様々な栄養成分が含まれているので美容と健康に大きな効果を生み出しますが、その中でも無視することができないのがプラセンタ注目の成分「成長因子」です。

 

成長因子はその名の通り、人間が成長するのに欠かせない成分ですからもちろん体内で生成されるのですが、10歳を境にしてだんだんと減少していき、20歳を超えるとさらに急激に減少してしまいます。

 

ある程度の年齢を重ねると老化が始まるのも、体内での成長因子生成力の低下が大きく影響しています。

 

ですから、加齢とともに生成量が減少した成長因子を何らかの方法で補給していかなければ、ただ老化を待つだけということになってしまうのです。

 

成長因子の働きを詳しく知ろう

 

冒頭にも言いましたが成長因子は人間の成長に大きく関わっているので子供から成人へと成長するためには欠かせないものですが、成人後も私たち人間の様々な器官へ働きかけて新陳代謝を促し、機能の低下を防止しています。

 

成長因子は端的に言うと細胞分裂を活性化させる因子です。

 

ですから細胞の新陳代謝が活性化されることによって、古い細胞がそのままにされず常に新しい状態を維持できるので、体内の各器官もリフレッシュされて正常な働きが維持できるというわけです。

 

40代を迎えると「内蔵が弱くなった」などと嘆いている人をよく見かけますが、この年齢を境にして男女問わず内臓器官に多くの病気が出てくるのも、この成長因子が不足して細胞の新陳代謝が行われないことが大きな原因と考えられます。

 

また、加齢とともに気になるシワやタルミも肌の新陳代謝が弱まって、肌の生まれ変わりができなくなったことが原因です。プラセンタが美容成分として注目を集めることとなったのも、細胞が新陳代謝を促進させて肌が生まれ変わることによって美白効果や美肌効果が生まれたからです。

 

プラセンタの成長因子はどんなものがあるの?

 

一口に成長因子といっても成長因子には様々な種類があります。
それではどんなものがあるのか紹介していきましょう。

 

繊維芽細胞増殖因子

FGFとも呼ばれ、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸など美肌を維持するために必要な成分を増加する働きがあり、女性の悩みとなるシワやタルミ、肌のニキビ跡などを修復して美肌効果を発揮します。

 

上皮細胞増殖因子

EGFとも呼ばれ、上皮細胞(皮膚、角膜など)の増殖促進効果を生み出します。

 

インシュリン様成長因子

IGFとも呼ばれ、育毛効果の他に軟骨細胞、平滑筋細胞を増殖させて中高年にありがちな関節痛を緩和します。

 

神経細胞増殖因子

NGFとも呼ばれ、神経細胞を増殖して自律神経やホルモンバランスを調整す作用があるので、うつ病や更年期障害の緩和にも効果があります。