プラセンタでシミが消えるのは何故?

プラセンタでシミが消えるのは何故?[馬プラセンタなび]

プラセンタでシミが消えるのは何故?

プラセンタの美白効果は今更説明するまでもありませんが、美白といってもそれを妨げる原因はシミ、そばかす、ニキビ、肌荒れなど様々なものがあります。

 

しかしこれら全ての原因を解消できるからこそプラセンタの美白効果が認められているのです。

 

それでは原因の中でも女性の悩みとなっているシミへに焦点を当てて、プラセンタがどのような働きをしてシミを消しているのかを紐解いていきたいと思います。

 

驚くべくは成長因子の効果

 

そもそもシミはどうしてできるのか皆さんは知っていますか?
シミは紫外線や外部からの刺激等を受けた際、肌を守ろうと生成されるメラニンが原因です。

 

夏に陽射しを浴びると日焼けして黒くなるのも、メラニンが生成されて紫外線から肌を守ろうとする身体の持つ自然な自己防衛機能が働いた結果なのです。

 

新陳代謝が活性化している若い頃には放っておけば自然と消えてしまうのですが、年齢を重ねるとともに消えにくくなり、その内、全く消えなくなったという経験をした人も少なくないでしょう。

 

それではなぜ若い頃には消えていたシミが消えなくなったのでしょう。
これは新陳代謝が衰え、肌のターンオーバー機能が弱くなったからです。

 

肌は常にターンオーバーを繰り返し、古い角質が剥がれ落ちて新しい肌が再生していきます。
ですからその際に一緒に古くなった角質と共にシミもなくなってしまうのです。

 

しかしターンオーバーしなくなった肌はシミがはがれ落ちることもなく、そのままになってしまうので消えずに残ってしまうのです。そこでプラセンタは成長因子の働きによって、停滞したターンオーバー機能を正常に戻してやり、再び新しい肌の再生を繰り返すことによってシミが取り去られるというわけです。

 

シミは消えるといっても皮膚内で自然になくなるのではなく、肌の再生と共に体外へ排出されるということなのですね。

 

プラセンタを飲むとシミが増える!?

 

プラセンタを使用し始めた人の中には急にシミが増えたという人も少なくありません。

 

しかし安心してください!

 

このシミは目に見えない肌の奥にもともとあったもので、肌のターンオーバーによって肌の表面まで浮かんできただけです。ですからプラセンタを使用したことでシミができたのではありません。

 

中にはプラセンタのせいだと勘違いして使用を止めてしまう人もいますが、けっしてプラセンタがシミを作ったのではないので誤解しないようにしてください。

 

このシミもその後の肌のターンオーバーによってちゃんと消えてなくなります。

 

ですから急にシワが増えても慌てず、肌のターンオーバーが正常に行われているという証なので、安心してプラセンタを使用してください。