プラセンタの種類(馬・豚・羊・ヒト・植物)

プラセンタの種類(馬・豚・羊・ヒト・植物)[馬プラセンタなび]

プラセンタの種類(馬・豚・羊・ヒト・植物)

プラセンタとは英語で胎盤を意味します。

 

その名の通りプラセンタは動物の胎盤が原料となっているのですが、その原料となる胎盤もいろいろな動物のものが使われており、それぞれに特徴があります。

 

現在、医療用プラセンタとして使われているのが人間の胎盤、美容サプリメントなどの健康食品として使われているのが馬・豚・羊の胎盤で、変わったものには植物プラセンタというものまであります。

 

これだけプラセンタに種類があれば、いざ使おうとなるとどれが良いのか迷ってしまいますよね。
それではそれぞれどんな特徴があるのかを順追って紹介していくことにしましょう。

 

人間(ヒトプラセンタ)

 

人間の胎盤が原料とされるのは病院で治療目的に使用される医薬品のみです。

 

主に肝機能障害と更年期障害の治療薬として使用されています。人間の胎盤を原料に使用できるのはこの医薬品のみに限られており、正常に分娩した妊婦の胎盤のみが使用されています。

 

馬プラセンタ

 

健康食品用プラセンタ製品の原料とされる中で、最もプラセンタ効果があると言われています。

 

プラセンタの成長因子を豊富に含むだけでなく、馬プラセンタにしか含まれない必須アミノ酸を含むという大きなメリットがあります。また、多頭出産でないために胎盤に含まれている栄養価が非常に高く、美容効果だけでなく大きな健康促進効果が期待できます。

 

豚プラセンタ

 

現在日本で販売されているプラセンタ製品に最も多く使用されており、効果や価格面で一番リーズナブルだと言われています。また、初めて販売されたプラセンタ製品の原料であったために日本で一番有名なプラセンタ原料と言えるでしょう。

 

羊プラセンタ

 

現在日本で生産されているプラセンタ商品の原料にはなっていませんが、一番人間に近い遺伝子構造を持っているために、人体への吸収率が高く、効果が出やすいと言われています。

 

日本で普及しなかった原因としてはスクレイピー病という羊独自の病気が懸念されたためですが、海外のプラセンタ製品には原料として普及しており、品質についても問題なく使用できます。

 

植物プラセンタ

 

植物なのに胎盤があるの?と不思議に思ってしまいますが、棒物の胎盤に当たる胎座を原料としており、通常のプラセンタと同じ効果があると言われています。

 

しかし、アミノ酸などの多くの栄養価は含みますが、プラセンタには欠かせない成長因子は含まれていないので、他のプラセンタ製品と全く同じ効果は期待できません。 

 

 

このようにプラセンタ製品には多くの種の胎盤が使用されています。それぞれ特徴が有り、価格も違ってくるので購入時には、まず費用対効果を考えてからの製品選択が大事になってきますね。